DIARY


ロータスF1に限らず日々の模型制作やその他の雑記帳です。

   

パーツ型取り中 その3

   2018-02-18

予定よりも1ヶ月以上遅れてしまったがエブロ72用のパーツの型取りが漸く完了した。

FD118A61-F0D3-4A71-B5CA-3C132E9F17B9
こちらは1972年〜1973年序盤の72D用のサイドポッドやエキパイやオイルタンクなど。

7FD7A003-6825-444F-A799-DD7F7A29F23A
こちらはそれ以後、1973年仕様のウィングサポートやらオイルタンクやら。ウィングサポートは結構細いロッドの塊だが、ちゃんと抜けてくれるだろうか?

47BB25B5-7E03-4D2C-81C0-2DF599E4662B
こちらは1974年仕様のウィングサポートやらオイルタンクやら。

90C84504-2F06-4467-BE6D-19E21CC648CC
こちらはフロント、リア用のディッシュタイプホイール。ホイールはいつも気泡に悩まされるのだが、今回は果たしてどうなるか。


   

パーツ型取り中 その2

   2018-02-03

シリコーンが固まったら型をひっくり返し、土台の油粘土を外して反対側にもシリコーンを流す。固まったら型を外して型取り完了。

img_0280-2.jpg

まだまだ第2陣が待っている(笑)

0492A37F-3469-4EE4-8E34-C1CD97EAE3B0


   

パーツ型取り中

   2018-02-03

ホイールとその他パーツを型取り中。

まずはパーツを型に配置。
実はこの作業が一番重要で、ただ置けば良いというモノではなく、後にレジンを流し込んだ際にパーツの隅まで気泡無くレジンが行き渡るかが決まる。

C2FF376D-834B-47E4-8B7D-B718ECF4D5F8

型にパーツを配置したら、シリコーンを型に流し込む。

641DA1D4-6524-4BF4-8723-5143585768ED


かつてF1の歴史に伝説を刻んだチーム・ロータスのFマシンについて、その詳細、マシン考証、模型制作を通じて紹介します。