Lotus78 History & Markings – Vol.2 1976 Paul Ricard Test 1


連載第二回目、今回はロータス78がプレス公開された、1976年11月28日から5日間に渡ってポール・リカール・サーキットにて行われた合同テストでの姿を2回に分けて紹介します。このテストでロータスは多くの空力パーツを持ち込み、マリオ・アンドレッティが精力的にテストを行いました。この為その姿にも多くのバリエーションがありました。

写真:1976年11月28日より開始されたポール・リカール・サーキットでのテストでJPS15のコクピットに収まるマリオ・アンドレッティ。リアウィングの後方では白いブルゾンを着たグンナー・ニルソンがその様子を見守っている。(A BOOKSHELF


【FILE 02. PAUL RICARD TEST – Nov.1976】 v1.0
JPS15(78/1) Driver: Mario Andretti

参考資料:
・AutoSport 1977年2月15日号
・(外部リンク)
 >> 「A BOOKSHELF」
こちらはAutoSport誌1977年2月15日号に掲載されたテストの様子から、まずは前回紹介したスネッタートン・サーキットでのテストの状態に最も近い姿。但し数カ所に細かい相違が見られます。

<外観上の特徴>
・フロントウィングは翼弦長の長い物に変更、翼端板の形状も後にシーズン初頭に使用された物に変更。
・フロントウィング、モノコック両サイドにValvolineのロゴが入る。これに伴い、ドライバー名の記入位置も変更される。
・フロントウィング上のValvolineロゴはウィングほぼ中央部に描かれ、サイズも若干小さめ。
・フロントノーズは、スネッタートンの時と同様、フロントサスペンションのクロスメンバーのフェアリングが無い物。
・サイドポンツーン上にあったユニオンジャックが、コクピットカウル前端部に移動。
・サイドウィングのマーキングも変更され、前方からJPSロゴ、John Player Specialの文字、ユニオンジャック(新たに追加)、カーナンバーとなる。
・インダクションボックスからCHAMPIONのロゴが消える。KONIのロゴ記入位置には変更なし。
・リアウィング翼端板は78用の、シーズン初頭に使用された物に変更。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/6/13) 新規作成


【FILE 03. PAUL RICARD TEST – Nov.1976】 v1.0
JPS15(78/1) Driver: Mario Andretti

参考資料:
・AutoSport 1977年2月15日号
・(外部リンク)
 >> 「A BOOKSHELF」
こちらも同じくAutoSport誌1977年2月15日号に掲載されたテストの様子から、今度はカラー・グラビアに紹介された姿。フロント部分の空力パーツにモディファイが見られ、かなり78らしくなって来ました。

<外観上の特徴>
・フロントノーズが、フロントサスペンションのクロスメンバー部分のフェアリングの付いた物に変更。
・フロントサスペンション後部にも、三角形のフェアリングが追加される。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/6/13) 新規作成


ご意見、別考証・別見解など歓迎します。コメント欄をご利用ください。

– END –


「Lotus78 History & Markings – Vol.2 1976 Paul Ricard Test 1」への5件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。A BOOKSHELFです。
    FILE 03・カラーグラビアに掲載の車体ですが、リアウイングがFILE 02のものとは別物と思われます。
    (メインウイングの大型化に伴う翼端板の形状・リアウイングステーの形状)
    また、インダクションボックスのKONIのロゴも後ろよりになっていると見受けられますが、いかがでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    A BOOKSHELFさん:
    コメントありがとうございます。
    コメントされている車体については、次回紹介する予定でした(^ ^;)
    AUTOSPORT誌1977/2/15の表紙と巻頭トップページのヤツですよね。
    あれはインダクション・ポッドが低くなっていて、その為にKONIのロゴが
    後方に移動しているものと思います。
    で、FILE03の車体は、その数ページ後に走行中のシーンが紹介されて
    いるヤツなんですが、A BOOKSHELFさんの見解はいかがですか?

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは、A BOOKSHELFです。
    先走ってしまった様でスイマセン...
    当該の写真を確認しました。掲載のイラスト通りですね。
    (右サイドポンツーンのカーナンバー上には穴が有り、
     左サイドポンツーンのカーナンバー上には穴が無いところを
     的確に描き分けているところは流石ですね!
     この穴、整備上のものと理解をしていますが、
     なぜ片方だけなのかご存じでしたら教えて下さい。)

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    A BOOKSHELFさん
    いつもコメントありがとうございます。
    > この穴、整備上のものと理解をしていますが、
    そうですね。モノコック剥き出し状態の写真を見てみると、ラジエーターのウォーターライン
    から細い管が分岐していて、外部と接続出来るようになっていますので、冷却系の
    メンテナンスホールである事は間違いなさそうですね。
    > なぜ片方だけなのかご存じでしたら教えて下さい
    自分もずっと片方だけなのかと思っていたのですが、よく見てみると右側にもありました。
    A BOOKSHELFさんの写真でも判ります(ユニオンジャックの前端部)。
    http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/ad/47/cafyz4082000/folder/1247821/img_1247821_30078943_36?1308445915.jpg
    しかし調べれば調べる程、毎回新たな発見がありますね。。。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。A BOOKSHELFです。
    指定の写真、確認しました。スウェーデンGPパドック裏で撮影とされるものですね。
    こうして疑問に思っていた事が少しづつでも解決してゆくことが嬉しい限りです。
    これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>