凄過ぎる!アレックス・ザナルディ2冠達成!




写真:2008年10月25日、岡山国際サーキットで行われたWTCCのパドックにてサインを求めるファンに応じるザナルディ。

一昨日のタイムトライアルでの金メダルの興奮醒めやらない2012年9月7日、同じくブランズハッチ・サーキットで行われたロンドン・パラリンピック自転車ロード男子個人H4レース(8km×8LAPS=64km)が先程終了、我らが(!)アレックス・ザナルディが2位のエムスト・ヴァン・ダイク選手(南アフリカ)を僅か1秒差で振り切り、2時間0分32秒のタイムで優勝、見事に個人2冠を達成しました!

ロンドン・パラリンピック公式サイトのライヴチャートから推測する模様では、レースは10人の出走でスタート、ザナルディを含む8名が終始集団を形成したままレースは進行、途中集団の最後尾でザナルディは様子を見ながら、7周目突入時点で集団の先頭に立ち、そして最終ラップの勝負を制した模様です(8人は約3秒差以内でフィニッシュしており、その激しさが窺えます)。

先日のタイムトライアルでの金メダルのニュースは世界中を駆け巡り、世界中のレース界関係者、そしてファンが称賛の言葉を贈ったわけですが、もうここまで来ると本当に言葉が有りません。唯々彼の凄さ・偉大さに驚嘆するのみです。もうここまで来たなら、是非明日の団体リレーも制して3冠を達成してほしい物です。
本当に凄過ぎる! 改めておめでとう、アレックス・ザナルディ!


写真:筆者の拙作、1/20ロータス107Bにサインをするザナルディ。本当にありがとう!

– END –


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>