カテゴリー別アーカイブ: Media

GP Car Story:Lotus 1977 – 1979


今年もホビーフォーラムまであと2カ月を切り準備に取り掛かっていますが、都合により製作記の更新は後回しという事で、今回は書籍の紹介です。三栄書房より刊行されている「GP Car Story」シリーズに、「Lotus 1977 – 1979」というテーマで1977年のロータス78からロータス80までの3台を取り上げた特集が加わりました。

内容は間違いなく国内・海外を問わず、これまでのロータス78~80を扱った一連の書籍の中でも最高と言えるもので、全編カラーページによる資料性の高い写真が満載(恐らく未発表写真も多数!)、更に度々お世話になっている山田剛久氏を始めとするライターの方々の記事も、この車に対する読者の期待度の高さを十分に汲み取った内容となっています。中でも個人的に圧巻だったのはジョー高安氏によるバリエーション解説で、幾つか自分の見解と異なる部分はあれど、個人的には師匠とも言える氏ならではの流石と言えるモデラー目線と考証、とかくスルーされがちな79の1979年仕様や80についても手抜かり無く説明されている部分が素晴らしいです。他にもマリオ・アンドレッティやピーター・ライト、ラルフ・ベラミー、ナイジェル・ベネット、ボブ・ダンス等、ロータス78~80に当時から携わっていた人々の証言、ゲトラグ・ギアボックスやサイドスカート、ファンカー構想などのメカニズムに着目した記事も貴重で、ファンであれば「2冊買い」の価値十分、間違いなく永久保存版と言えるでしょう。

惜しむらくは、これだけ素晴らしい写真が満載されているのであればもっと大きなサイズで見たかった…

しかしイギリスやヨーロッパならともかく、遠く離れた国でこんな本を作ってしまう日本人のエンスージアズムと、ファンとしてその内容を母国語で読めるというのは、何と恵まれた事なのかと思わずにはいられません。

>> 「GP Car Story:Lotus 1977 – 1979」をAmazonで買う

– END –


Superswede – en film om Ronnie Peterson


前回の更新から早9カ月、そろそろ今年のホビーフォーラムの準備を始めつつ、このブログの更新ネタを探していたら、またまた世のロニー・ピーターソンファンのハートを撃ち抜く情報が入って来ました。

ピーターソンの母国スウェーデンで、ピーターソンの伝記映画「Superswede – en film om Ronnie Peterson」が8月16日に公開される様です。YouTubeに公開されているトレーラムービーとキャストを見る限り、在りし日のピーターソンとバーバラの映像、そしてニキ・ラウダ、エマーソン・フィッティパルディ、ジャッキー・スチュワート、マリオ・アンドレッティ、ジョディ・シェクター、ジョン・ワトソン、そして娘のニーナ・ケネディのインタビューで構成されている様です。

スウェーデン語の部分は判りませんが、やはりスチュワートのコメントは印象的です。
「私は今でもロニー・ピーターソンが最も速いF1ドライバーだと思っている」
「1970年代のF1はとても魅惑的で、華やかで、エキサイティングだった」
「ロータスの車はいつも速かったが、同時に脆弱だった。5年も走っていれば2~3度は死ぬ危険が有った」
…当時のF1の全てを知る男ならではの重みが有ります。

そして同時に、あのモンツァのストレートに佇むニーナが、亡き父親について何を語っているのか、とても気になります。

残念ながら現在のところ公開はスウェーデンのみで言語・字幕もスウェーデン語となっており、他国での公開は未定の様ですが、いつか(英語字幕化されて)DVD/BD化される事でしょう。そしてきっと日本ではシニアでお金持ちな(?)熱狂的ロニーファンの方々がクラウドファンディングで日本語化してくれるでしょう(笑) それまではこのトレーラムービーを見ながら、その日を心待ちにしたいと思います。

– END –


今度はDVDだ!


このサイトでも折に触れ紹介している通り、ここ数年のロニー・ピーターソンに関する書籍やプラモデル等キットのリリース・ラッシュには驚くべきものがありますが、そんな中ロニーの38回目の命日となる9月11日、またしてもロニーファンの財布を狙い撃ち(笑)する商品が発売されます。


ロニー・ピーターソン 70年代 F1最速のドライバー(DVD)

F1を始めとするモータースポーツ関連の映像作品を数多く発売しているユーロ・ピクチャーズより、「ロニー・ピーターソン 70年代 F1最速のドライバー」と題したDVDが発売となります。

基本的には英国Duke Marketing Ltd.社からリリースされている「Ronnie Peterson: Grand Prix Hero」の日本語版になるものと思いますが、特典映像として「ジョディ・シェクター&ウルフ 1978 イギリスGP」を収録しており、オリジナルの60分から83分へと内容が拡大されています。更に初回限定5,000枚には20ページの「Peterson with his GP cars」というフォトブックも付くという、ロニー大好きなシニアF1ファンの物欲を駆り立てるに十分な内容の1枚となっている模様です。

DukeのDVDはロニー・ピーターソン以外にもマリオ・アンドレッティ、エマーソン・フィッティパルディ、ニキ・ラウダ等、まだ日本語版がリリースされていないドライバー特集DVDがあるので、今後のリリースには期待したいと思います。

>> 「ロニー・ピーターソン 70年代 F1最速のドライバー」をAmazonで買う

– END –


Racing on誌 No.477で紹介されました!


現在発売中のニューズムック社刊、Racing on誌 No.477(2015年7月15日号)の特集「ロニー・ピーターソン – “スーパースウェードの真実”」にて、記事参考元として当サイト「Ketteringham Factory」のURLが紹介されました!

2013年3月20日の拙稿「Lotus78 History & Markings – Vol.33 Ronnie Peterson Tribute」にて、ロニー・ピーターソンの最後のレースとなった1978年イタリアGPについて取り上げましたが、この内容に多くの方々からの反響があり、改めてピーターソンの人気の高さに驚かされましたが、更にその2年後に自身も愛読しているRacing on誌にクレジットされる事になるとは二重三重の驚きです。紹介して頂いたチーフエディターの小嶋穣様への感謝の標として、ここでその内容を一部紹介させて頂きます。

拙稿でも紹介させて頂いたスウェーデンPOLETEXT社刊、「Memories of Ronnie Peterson: Friends, Associates and Fans Remember Racing Legend Ronnie Peterson」にインスパイアされた本特集は、刊行元のPOLETEXT社の協力による同書掲載の関係者やドライバー仲間が語るピーターソンの思い出を始め、筆者も度々お世話になっている山田剛久様等ライター陣のピーターソンへの思いが詰まった記事と写真で振り返るピーターソンのレースキャリア、特にこれまであまり知られて来なかったスポーツカーでのキャリアや、幻のフェラーリ入りについての記事等、ロニー・ピーターソンという偉大なレーシング・ドライバーの全てがわかる、雑誌でありながら単行本並の圧倒的な内容になっています。ピーターソンのファンや1970年代のモーターレーシングを愛する人々のみならず、現代のレースファンにも是非読んで貰いたい永久保存版の一冊です。


>> Racing on誌 No.477(2015年7月15日号)をAmazonで買う