ロータス107シリーズ製作


エッチングパーツ製作、本番のエッチング作業。
こちらも個人的備忘録として詳しい手順を。
エッチング装置にエッチング液80%、精製水15%、クエン酸5%を混ぜた液体を入れ、ヒーターで40〜50°Cに加温した状態でパターンを焼き付けたステンレス板を投入する。ステンレス板は作業中に高さ・向きを変えられる様に縦・横2箇所にビニール紐を括り付けてておく。
ステンレスは過去に使っていた洋白よりも素材が硬いのか、多少時間が掛かったが15〜20分程度でパターンが抜け始める。抜け始めたら慎重に抜け具合を確認しながらビニール紐で板の高さ・向きを調節してパターンを抜き切ってエッチングは終了。
終了したら重曹を混ぜた水に投入して残ったエッチング液を洗浄、更に一度水に潜らせて更にエッチング液を落としたら、ツールクリーナーで残ったパターンを洗い落とす。作業はパターンに染み残ったエッチング液によって劣化が進行してしまう恐れがあるので、時間を置かず流れ作業でやる。
コレでめでたく作業は完了。

131992605_1551060071761730_6786465932720062983_n

132032434_1551060138428390_510444724878943168_n

132033210_1551060165095054_2617594242983583553_n

132033997_1551060008428403_6561070008178099650_n

132155766_1551060111761726_2700547387018784667_n


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*