Lotus78 History & Markings – Vol.11 1977 Rd.04 U.S.GP West


今回はアメリカ西海岸ロングビーチで行われた1977年第4戦USGPウエスト(4月3日決勝)でのロータス78について紹介します。このレースからチーム・ロータスはニューシャシーのJPS17(78/3)をマリオ・アンドレッティのレースカーとして投入、それまでアンドレッティのレースカーであったJPS16(78/2)をグンナー・ニルソンのレースカーへ、そしてJPS15(78/1)をスペアカーへと配車を変更しています。1月の開幕からノンタイトルを含め4レース、延べ6回の出走で一度もトラブルフリーでレースを終えた事の無いチーム・ロータスでしたが、精力的に続けたマシンの改良が遂にこのニューシャシーで結実、そしてその後のシーズンの快進撃へと繋がって行きます。
※尚、このレースでのJPS15の仕様については全体写真が無く不明な為、ここでは割愛させて頂きます。

写真:1977年USGPウエスト決勝(LAP77/80)、バックストレートエンドのヘアピンで、スタートから終始トップを守っていたジョディ・シェクターのウルフWR1のインを差してトップへ浮上したしたマリオ・アンドレッティのJPS17。アンドレッティはそのままチェッカーまで走り抜け、ロータス78に初の優勝をもたらす。この優勝はグラウンドエフェクトカーによる初の優勝であり、その後1982年まで続いたグラウンドエフェクト時代の幕開けを告げる、記念すべき優勝となった。またアンドレッティ自身も、アメリカ人初の母国GP優勝となったこの勝利を、「生涯最高のレース」と後に振り返ったというが、それにふさわしい好レースだった。(ZDF


【FILE 20. 1977 Rd.04 U.S.GP WEST – Apr.01-03.1977】 v1.0
JPS16(78/2) Driver: Gunnar Nilsson

参考資料:
・AutoSport 1977年6月1日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
このレースからニルソンのレースカーは、これまでのJPS15からアンドレッティがこれまで使用していたJPS16へと変更になりました。前回のレース・オブ・チャンピオンズからの変更点として、サイドウィングのアップスイープ面が曲面(角度調整は廃止)となり、気流をよりスムーズに流そうという工夫が見られます。また、フロントウィングの翼端板はこれまでニルソンが使用して来た物と同タイプに戻され、ロールバーもニルソン用の背の高いタイプに変更されています。また、低速ストリートコースであるロングビーチ向けに、レース・オブ・チャンピオンズでも装備されたリアウィングの延長フラップに加えて、フロントウィングにはガーニーフラップが追加されています。尚、レース・オブ・チャンピオンズではタバコ広告規制の為に消されていたJohn Player Specialのロゴが復活していますが、リアウィング上面の文字はメインエレメント上に記入されており、延長フラップ部分には掛かっていない事が注意点です。
ロングビーチでのニルソンは全体的に不運に見舞われます。プラクティスではショートホイールベース仕様であるJPS16への慣熟に取り組みますが、先ずはブレーキバランスに問題が発生、続いてダンパーが壊れるトラブルに見舞われ、更にはタイヤのパンク、そしてヘアピンコーナーでコンクリートウォールに接触してリアサスペンションのトップリンクを破損するなど散々な状態で予選16位に沈みます。しかしレースでは一転奮闘を見せ、スタート直後の第一コーナーで発生した、マクラーレンのジェームス・ハントがフェラーリのカルロス・ロイテマンとの接触から宙を舞った混乱を上手く潜り抜け、オープニングラップで10位まで上昇、その後はATSのジャン・ピエール・ジャリエと7位争いを展開しますが、最終的にはジャリエと、そしてスタートでの出遅れから追い上げて来たハントにパスされ、1周遅れの8位でのフィニッシュとなりました。

<外観上の特徴>
・レース・オブ・チャンピオンズでは消されていたJPSロゴが復活。
・フロントノーズのカーナンバー6は、右上のカギ部分が折れていないタイプ。
・フロントウィングにガーニーフラップ追加。
・フロントウィング翼端板は、開幕前より使用されている楔形の物に変更。
・サイドウィングのアップスイープ面は曲面に変更。
・ロールバーはニルソン用の背の高い物に変更。
・リアウィング本体はレース・オブ・チャンピオンズ時同様、低速ストリートコース向けに延長フラップを装備。
・リアウィング上面のJohn Player Specialの文字はメインエレメント上に記入。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/9/27) 新規作成


【FILE 21. 1977 Rd.04 U.S.GP WEST – Apr.01-02.1977】 v1.2
JPS17(78/3) Driver: Mario Andretti

参考資料:
・AutoSport 1977年6月1日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
一方、ニューシャシーのJPS17(78/3)はアンドレッティのレースカーとして投入され、以後翌1978年ベルギーGPにロータス79が実戦投入されるまでの1年以上に渡り、アンドレッティのレースカーとして長く活躍する事になります。外観はアンドレッティ用の半月形フロントウィング翼端板と背の低いロールバー以外は先に紹介したニルソンのJPS16とほぼ同様ですが、細部ではコクピット前方のロールバーが金属パイプ製となり、これに伴い計器盤の取付方法も変更になっています。また、このレースでアンドレッティはニコルソン-マクラーレン・チューンのDFVエンジンを初めて使用します。
ニューシャシーを得たアンドレッティはシーズン開幕以来続いた不運を払拭し、プラクティスからトラブルフリーでトップを争って母国アメリカのファンを沸かせます。更にグッドイヤーのリアタイヤを数種類試し、加減速の激しいストリートコースながら27.25インチという一番直径の大きいタイヤをチョイス、コーナー立ち上がりのトラクションの良さに対する自信を見せます。しかし土曜午後の最終セッションにてフェラーリのニキ・ラウダに及ばず、今シーズン初のポールポジションは逃したものの予選2位を獲得、日曜のレースに期待を繋ぎました。

<外観上の特徴>
・フロントノーズのカーナンバー5は、前戦同様のカギ部分が丸いタイプ。
・フロントウィングにガーニーフラップ追加。
・フロントウィング翼端板は、アンドレッティ用の半月形タイプ。
・サイドウィングのアップスイープ面は曲面タイプ。
・リアウィング本体はレース・オブ・チャンピオンズ時同様、低速ストリートコース向けに延長フラップを装備。
・リアウィング上面のJohn Player Specialの文字はメインエレメント上に記入。
・ニコルソン-マクラーレンのロゴは左バンク後上方と右バンク前上方のカムカバーに記入。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/9/27) 新規作成
・v1.1(2011/11/22) ニコルソン-マクラーレンのロゴに関する記述を追加
・v1.2(2012/03/05) マシンの仕様に関する記述を訂正


【FILE 22. 1977 Rd.04 U.S.GP WEST – Apr.03.1977】 v1.2
JPS17(78/3) Driver: Mario Andretti

参考資料:
・AutoSport 1977年6月1日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
こちらが4月3日の決勝でのJPS17の姿。フロントノーズ先端に、ブラジルGPでのJPS15に装備されていた小型のフィンが追加されています。このフィンはFILE.21の状態では未装備・装備済の両方の状態が確認出来る事から、週末のどこかの段階でJPS17にのみ追加装備されたものと思われます。また、フロントノーズのカーナンバー下部に赤のストライプが入っています。恐らくニルソンの「6」との識別性を高める事が目的ではないかと想像されますが、何故このレースでのみ(その後、1978年モナコGP決勝でも同様のストライプが見られました)この様な形が取られたのか、その理由は不明です。
決勝レースでは、予選2位のアンドレッティは3位だったウルフのジョディ・シェクターにスタートでパスされるものの、ポールポジションだったラウダに先行して2位をキープします。アンドレッティは途中ラウダにパスされるものの都度抜き返し、レースはシェクター、アンドレッティ、ラウダの3台による息詰まる攻防が延々と展開されます。しかし、80周レースの60周を過ぎた頃から、終始トップをキープしていたシェクターの右フロントタイヤにスローパンクチャーが発生、それでもシェクターは必死にトップをキープし続けますが、残り4周となった77周目のヘアピンで遂にアンドレッティはシェクターを攻略、トップに浮上してそのままチェッカーを受け、シーズン初勝利を挙げました。

<外観上の特徴>
・フロントノーズにフィン追加
・フロントノーズのカーナンバー5は、前戦同様のカギ部分が丸いタイプ。
・フロントノーズのカーナンバー5の下に赤ストライプ追加。
・フロントウィングにガーニーフラップ追加。
・フロントウィング翼端板は、アンドレッティ用の半月形タイプ。
・サイドウィングのアップスイープ面は曲面タイプ。
・リアウィング本体はレース・オブ・チャンピオンズ時同様、低速ストリートコース向けに延長フラップを装備。
・リアウィング上面のJohn Player Specialの文字はメインエレメント上に記入。
・ニコルソン-マクラーレンのロゴは左バンク後上方と右バンク前上方のカムカバーに記入。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/9/27) 新規作成
・v1.1(2011/11/22) ニコルソン-マクラーレンのロゴに関する記述を追加
・v1.2(2012/03/05) フロントノーズのフィンに関する記述を追加


ご意見、別考証・別見解など歓迎します。コメント欄をご利用ください。

– END –


Lotus78 History & Markings – Vol.10 1977 Race of Champions


今回は1977年3月20日にイギリスのブランズ・ハッチで開催されたノンタイトル戦、レース・オブ・チャンピオンズでのロータス78について紹介します。現代のF1では考えられない事ですが、1970年代までは通常のチャンピオンシップ(世界選手権)とは別にこういったノンタイトルでのF1レースが毎年開催されており、シルバーストーンでは「BRDCインターナショナル・トロフィー」、ブランズ・ハッチでは「レース・オブ・チャンピオンズ」という名称で開催されていました。しかしF1における参戦コストの高騰から、チャンピオンシップ・ポイント加算の対象にならないノンタイトル戦は、参戦意義が薄い為にチーム側から敬遠される様になり、結局シルバーストーンでは1978年を最後にF1での開催を終了してF2へ移行、ブランズハッチでは1979年を最後に終了(1983年に一度だけ復活)しています。その後1980年代初頭にはF1界における政治的混乱(イギリス系チームvs大陸系チーム、FOCAvsFISA、ドライバーvsチームなど)から一部のレースがチャンピオンシップから除外される形で数戦のノンタイトル戦は行われたものの、その後はF1でのノンタイトル戦は行われなくなりました。

写真:1977年3月20日、レース・オブ・チャンピオンズでマリオ・アンドレッティがドライブするJPS16。リアウィングの翼端板が大型化され、その後の標準的な形状へと変化している。尚、この写真ではフロントウィング翼端板がブラジルGPまで使用されていた旧型のタイプとなっているが、マシンは恐らくJPS15ではなくJPS16と思われる。(A BOOKSHELF


【FILE 19. 1977 RACE OF CHAMPIONS – Mar.20 1977】 v1.0
JPS16(78/2) Driver: Mario Andretti

参考資料:
・AutoSport 1977年5月15日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
1977年のレース・オブ・チャンピオンズはイギリス系チームを中心に17台が参加(大陸系のフェラーリ、リジェ等は参加せず)し、トラブルに見舞われたBRMを除く16台が決勝に出走、チーム・ロータスはこのレースに、マリオ・アンドレッティをエントリーさせ、JPS16をレースカーに、JPS15をスペアカーとして持ち込みました(因みにこの時のJPS15の仕様については不明)。
外観上の大きな特徴は何といってもJPSのロゴと文字が消えたマーキングですが、これはイギリスとドイツにおいてTVでのタバコ広告が禁止されていた為です。現在はEU諸国を中心にタバコ広告は全面禁止が主流ですが、当時はイギリスとドイツだけ、しかもサーキットの看板は観衆向けという事なのか?規制されておらず、タバコの広告看板の目の前をロゴが塗りつぶされたマシンが走る、という奇妙な風景も見られました。この他にも1976年12月のプレス発表以来消えていた、インダクションボックスのKONIロゴが復活している事も特徴です。さらにリアウィングの翼端板の形状が変更され、曲率の大きなウィングにも対応可能な大型のものとなり、以後この形状が標準的に使用される事になります。また、外観上は分かりづらい(このイラストでも表現していません)ですが、ベンチュリー後方気流をスムーズにする為にリアのアンチロールバーのレイアウトが変更され、これまでのリアアップライト後下方から前上方に移動しています。
このマシンでアンドレッティはブラバムのジョン・ワトソンに次ぐ予選2位を獲得、レースではスタートで出遅れたワトソンをパス、マクラーレンのジェームス・ハントを従えてトップを走行します。その後も終始ハントの攻撃を封じ続けたアンドレッティでしたが、40周レースの残り7周となった34周目に電気系統のトラブルが発生、リタイヤを喫してしまいました。原因はエンジンの振動によってバッテリーマスタースイッチのコネクタの一つが破損した為でした。

<外観上の特徴>
・フロントノーズのカーナンバー5は、前戦同様のカギ部分が丸いタイプ。
・マーキングはJPSロゴと文字が消された英独レース仕様。
・インダクションボックスのKONIロゴが復活。
・サイドウィングはアップスイープ付き、上面は平面タイプ。
・リアウィングの翼端板形状変更。
・ウィング本体は中速テクニカルのブランズ・ハッチ向けにフラップを延長。
・リアのアンチロールバー仕様変更。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/9/19) 新規作成


ご意見、別考証・別見解など歓迎します。コメント欄をご利用ください。

– END –


Lotus78 History & Markings – Vol.9 1977 Rd.03 South African GP


今回は1977年第3戦南アフリカGP(3月5日決勝)でのロータス78について紹介します。1月の南半球2連戦で、度重なるアクシデントに見舞われながらも78のポテンシャルを確信したチーム・ロータスは、約1ヶ月半のインターバルでマシンに大幅なアップデートを加え、直前のキャラミ・テストを経てレースウィークへと臨みました。尚、このテスト期間中でのマリオ・アンドレッティによるJPS16(ロールバー上方にピトー管を装備)の写真が数枚確認出来ますが、全体像が不明な為にここでは割愛とさせて頂きます。またTiplerの本によると、3号車(JPS17)が完成してキャラミへ持ち込まれたものの使用されなかった、との記述があるものの、裏付けに乏しい為にここでは疑問を呈しておきます。

写真:1977年南アフリカGP決勝(LAP17/78)、ホームストレートでトム・プライスのシャドウDN8に並ぶ間もなくパスされるグンナー・ニルソンのJPS15。ニルソンはエンジンの不調によりストレートスピードの不足に苦しんでいた。
そしてこの僅か8分後のLAP23、そのプライスは突然のアクシデントで凄惨な事故死を遂げ、ニルソンは後方でその一部始終を目撃してしまう。(ZDF


【FILE 17. 1977 Rd.03 SOUTH AFRICAN GP – Mar.03-05.1977】 v1.2
JPS15(78/1) Driver: Gunnar Nilsson

参考資料:
・AutoSport 1977年5月1日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
まずはニルソンのJPS15から。前戦ブラジルGPから、特に空力面を中心に大幅なアップデートが施され、シーズン通じての標準的な形に近付いています。まず目立つのはインダクション・ボックスが大型化され、全体がドライバーのヘルメットを覆う高さまで高くなっています。吸気口もラム圧の高い空気を取り入れる為に高い場所へ移動しました。次にサイドウィングではラジエーターのエアアウトレット前面にフィンが追加されました。尚、このフィンは結局1977年には再度採用される事はありませんでしたが、1978年の南アフリカGPで復活、以後標準装備となります。更に後端のアップスイープも変更され、上面は平面ながら角度が3~4段階に変更可能となっています。またブラジルGPではアップスイープ面にあったリアブレーキ冷却用のNACAダクトを廃止してベンチュリー空間を確保し、ダクトはエンジンのカムカバー後方へと移動しています。更にスカートはブラシ式から「Suck-Up」と呼ばれるポリエチレン製のプレートを内側へと折り曲げた方式に変更されて軽量化とベンチュリー効果の向上を図り、更にマシン下面にはボルテックス・ジェネレーターが追加されました。またマーキングも変更されて各ロゴの記載位置が変更されています。
このマシンで予選10位を獲得したニルソンでしたが、決勝ではスタートからエンジンが不調に陥ってストレートで1万200回転しか回らず、およそ600回転はロスしていた状態での走行を強いられ、じりじりと順位を落とします。そして23周目のホームストレートで、ニルソンの前を走っていたシャドウのトム・プライスが消火器を持ってコースを横断して来たマーシャルと接触して共に死亡するアクシデントが発生、ニルソンは事故の破片でフロントノーズと両リアのタイヤにダメージを受けたものの、事故によるピットロードの混乱でピットイン出来ず、更に後退してしまいます。その後結局タイヤ交換を終えてレースに復帰したものの、ニルソンは事故を目撃してしまったショックとその後の混乱により既に戦意を喪失しており、1周遅れの12位で完走するのが最大限の結果でした。

<外観上の特徴>
・フロントノーズのカーナンバー6は、右上のカギ部分が折れ曲がった仕様で、以後主にレースカーで使用される。
・フロントウィング上面のValvolineロゴの記入位置が後方に移動。後方のJPSストライプが中断され、その上に乗る形になる。
・コクピットカウルのJohn Player Specialの文字が後方に移動。
・サイドウィングはアップスイープ付き、上面は平面タイプ。
・サイドウィング側面のマーキング変更。JPSロゴが消え、前方からJohn Player Specialの文字、ユニオンジャック、カーナンバーの順でそれぞれサイズを拡大。
・ラジエーターのエアアウトレット前面にフィンを追加。
・サイドスカートはSuck-Upタイプへ変更。
・モノコック最後部のNGKロゴは四角形タイプに変更。
・インダクションボックスが大型化される。
・リアウィング上面のJohn Player Special文字の記入位置が後方に移動。後方のJPSストライプが中断され、その上に乗る形になる。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/9/11) 新規作成
・v1.1(2011/9/13) 出典に関する誤記訂正
・v1.2(2011/10/12) ラジエーターエアアウトレットのフィン、及びこれに関する記述を追加


【FILE 18. 1977 Rd.03 SOUTH AFRICAN GP – Mar.03-05.1977】 v1.2
JPS16(78/2) Driver: Mario Andretti

参考資料:
・AutoSport 1977年5月1日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
マリオ・アンドレッティのJPS16にもニルソンのJPS15と同様のアップデートが施されますが、こちらは更にフロントとリアの両ウィングにも変化が見られました。
フロントウィングは翼端板が変更され、空気抵抗の減少を狙ってか最小限の面積に抑えた半月形の形状になっています。この翼端板はその後のシーズンにおいてアンドレッティのレースカーで標準的に使用されました。一方リアウィングはこのレースのみで用いられた独特の仕様で、ウィング本体は当時のロータスとしては異例となるメインエレメントとフラップが分離した2枚タイプ、そして翼端板も大型化されたものとなっています。恐らくストレートの長い高速サーキットであるキャラミで、ニルソンは従来型のローダウンフォース仕様、アンドレッティはハイダウンフォース仕様としてそれぞれの違いを比較したか、ドライバーの好みが反映されたものと想像されますが、結局このウィングがその後再度採用される事はありませんでした。
このレースでもアンドレッティは不運が続き、高地対策のミスからなのか、プラクティスからエンジンを2基立て続けに壊してセットアップが進まず、彼にとっては不満の残る予選6位という結果に終わります。そしてレースでもトップスピードの不足から先頭集団のペースについて行けず、ブラバムのジョン・ワトソン、フェラーリのカルロス・ロイテマンといった12気筒勢にパスされて8番手に後退します。コーナーで詰めてはストレートで離されるという繰り返しにフラストレーションが溜まったアンドレッティは結局44周目、コース中盤のクラブハウス・コーナーでロイテマンに強引にオーバーテイクを仕掛けてフェラーリのリアホイールに接触、フロントサスペンションを壊してリタイアとなってしまいました。

<外観上の特徴>
・フロントノーズのカーナンバー5は、開幕戦アルゼンチンGPで使用されたカギ部分が丸いタイプに戻る。
・フロントウィング翼端板は半月形タイプへ変更。
・フロントウィング上面のValvolineロゴの記入位置が後方に移動。後方のJPSストライプが中断され、その上に乗る形になる。
・コクピットカウルのJohn Player Specialの文字が後方に移動。
・サイドウィングはアップスイープ付き、上面は平面タイプ。
・サイドウィング側面のマーキング変更。JPSロゴが消え、前方からJohn Player Specialの文字、ユニオンジャック、カーナンバーの順でそれぞれサイズを拡大。
・ラジエーターのエアアウトレット前面にフィンを追加。
・サイドスカートはSuck-Upタイプへ変更。
・モノコック最後部のNGKロゴは四角形タイプに変更。
・インダクションボックスが大型化される。
・リアウィング本体はこのレースのみで使用されたメインエレメントとフラップが分離した2枚タイプ。中央部にサポート用のヒンジ有り。
・リアウィング上面のJohn Player Special文字の記入位置が後方に移動。後方のJPSストライプが中断され、その上に乗る形になる。
・リアウィング翼端板も、このレースのみで使用された大型タイプ。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/9/11) 新規作成
・v1.1(2011/9/13) 出典に関する誤記訂正
・v1.2(2011/10/12) ラジエーターエアアウトレットのフィン、及びこれに関する記述を追加


ご意見、別考証・別見解など歓迎します。コメント欄をご利用ください。

– END –


Lotus78 History & Markings – Vol.8 1977 Rd.02 Brazilian GP 2


今回は前回に引き続き、1977年第2戦ブラジルGPでのロータス78の姿を紹介します。

写真:1977年ブラジルGP決勝(LAP20/40)、電気系トラブル(イグニッション)によりリタイヤしたアンドレッティのJPS16。ニルソンのJPS15とは異なり、サイドウィング後端にアップスイープがあるのが判る。(ZDF


【FILE 14. Rd.02 BRAZILIAN – Jan.21-23.1977】 v1.0
JPS15(78/1) Driver: Gunnar Nilsson

参考資料:
・AutoSport 1977年3月15日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
まずはニルソンのJPS15にアップスイープ付きサイドウィングを装備した姿。恐らくサイドウィングによるより大きなダウンフォースの獲得とリアタイヤへの空気の整流を考慮したものと思われます。アップスイープ面は曲面となっていて、これまでサイド側に装備されていたリアブレーキ冷却用のNACAダクトがこのアップスイープ面に移動しています。前回紹介しましたがニルソンは結局、決勝ではこのタイプのサイドウィングは使用せず、従来のフラットなタイプを使用しました。

<外観上の特徴>
・アップスイープ付きのサイドウィング装備。
・フロントノーズのカーナンバーはサイドに使用されているのと同様の角張ったタイプ。
・コクピットカウル前端にNACAダクト装備。
・前戦ではNACAダクトを急造した為に干渉していたユニオンジャックの記入位置が後方に移動。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/8/17) 新規作成


【FILE 15. Rd.02 BRAZILIAN – Jan.21-22.1977】 v1.0
JPS16(78/2) Driver: Mario Andretti

参考資料:
・AutoSport 1977年3月15日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
同様のタイプのサイドウィングはアンドレッティのJPS16にも装備されました(この姿はF1 Modeling誌No.20でも紹介されているので、ご存知の方も多いと思いますが、キャプションに開幕戦アルゼンチンGPと記載されているのは誤り)。またこのサイドウィングは従来のフラットなタイプの後部を切断して取り付けたものと思われ、外部リンクでの写真を見ると、カーナンバー部分に切断線が見られます。また、前回紹介した通り、土曜の最終セッションで火災に見舞われた際にはフラットなタイプを装備しており、またニルソンのJPS15と共に2台でアップスイープ付きになっている写真もあり、結局のところどのマシンがいつ、どちらのタイプを使用していたかは正確には判らない状態です。また前回A BOOKSHELFさんからのコメントにもありましたが、コクピットカウルに装備されたNACAダクトはJPS15ではNACAダクト周囲に固定用と思われるボルト(orリベット)が5個見られますが、このJPS16では一体成型にされたのか、その跡は見られません。

<外観上の特徴>
・アップスイープ付きのサイドウィング装備。
・フロントノーズのカーナンバーはサイドに使用されているのと同様の角張ったタイプ。
・JPS15と同様、コクピットカウルにNACAダクト装備、ユニオンジャックの記入位置変更。
・JPS15と比較して、サイドポンツーンのJPSロゴが僅かに前方に移動している。
・JPSロゴが前方に移動した分、John Player Specialの文字に大きなスペースを割いている。
・ブラシスカートの部分はJPS15同様、ブラシスカート上端部分にアルミ製?のガイドレール追加。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/8/17) 新規作成


【FILE 16. Rd.02 BRAZILIAN – Jan.22.1977】 v1.0
JPS16(78/2) Driver: Mario Andretti

参考資料:
・AutoSport 1977年3月15日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
こちらが決勝でのJPS16の姿。上のFILE.15とほぼ一緒ですが、何故かコクピットカウルのユニオンジャックが消えています。
前日の炎上事故により消火剤まみれとなったJPS16ですが、メカニックの徹夜作業により日曜日にはほぼ完全に修復され、決勝レースに臨みました。予選3番手からスタートしたアンドレッティは、終始先頭集団の激しいバトルに割って入る健闘を見せますが、ジェームス・ハント(マクラーレン)、カルロス・ロイテマン(フェラーリ)に続く3番手走行中の20周目に、バッテリーターミナルの腐食(前日の炎上事故による消火剤が原因といわれている)によりイグニッションにトラブルが発生、リタイヤを喫しています。

<外観上の特徴>
・アップスイープ付きのサイドウィング装備。
・フロントノーズのカーナンバーはサイドに使用されているのと同様の角張ったタイプ。
・JPS15と同様、コクピットカウルにNACAダクト装備、ユニオンジャック無し。
・JPS15と比較して、サイドポンツーンのJPSロゴが僅かに前方に移動している。
・JPSロゴが前方に移動した分、John Player Specialの文字に大きなスペースを割いている。
・ブラシスカートの部分はJPS15同様、ブラシスカート上端部分にアルミ製?のガイドレール追加。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/8/17) 新規作成


ご意見、別考証・別見解など歓迎します。コメント欄をご利用ください。

– END –


Lotus78 History & Markings – Vol.7 1977 Rd.02 Brazilian GP 1


今回と次回はアルゼンチンGPから2週間後の1977年1月23日に決勝が行われた第2戦ブラジルGPでのロータス78の姿を2回に分けて紹介します。遠いブラジルまでのフライアウェイにもかかわらず、チーム・ロータスはサイドウィングにモディファイを加えたバージョンを持ち込みますが、今回はそのモディファイ前の状態を紹介します。

写真:1977年ブラジルGP決勝(LAP30/40頃)、ピットにて給油とフロントタイヤの交換を行うグンナー・ニルソンのJPS15。サイドウィングはアップスイープの無いフラットなタイプ。左回りのインテルラゴスに合わせ、イン側となる左側の燃料タンクに給油しているのが判る。(ZDF


【FILE 12. 1977 Rd.02 BRAZILIAN GP – Jan.21-23.1977】 v1.0
JPS15(78/1) Driver: Gunnar Nilsson

参考資料:
・AutoSport 1977年3月15日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
まずは前戦アルゼンチンGPでマリオ・アンドレッティのドライブにより5位入賞を果たしたJPS15。ここブラジルではグンナー・ニルソンの元に戻って走る事になり、ニルソンはこの仕様で決勝に臨みました。特徴として、フロントノーズ先端に小型のフィンが追加されています。目的は恐らくノーズ下面の気流を剥ぎ取り、ピッチングの際の空力変化のシビアさを解消する効果を狙ったものと想像されます。しかしこのレースでは決勝時に装備されていた事はは確認出来ますが、それ以外のセッションではJPS16を含めて装備されていなかった様です。その他は前戦とほぼ同じ状態です。
予選10位からスタートしたニルソンはオープニングラップでティレルのパトリック・デパイエと接触してリアタイヤがバースト、ピットインを余儀なくされていきなり最後尾に転落します。しかし他車のクラッシュやリタイヤが相次ぐ中、粘り強く走り続けたニルソンは次第に順位を上げ、途中給油(※)とフロントタイヤの交換の為に再度ピットインしたものの、1周遅れの5位入賞(完走7台)を果たしました。
※ニルソンのJPS15は後述するJPS16の火災事故により、右サイドウィング内の燃料タンク(ガスバッグ)を引き抜いてJPS16に移植していた為に、燃料タンクのキャパシティが最初から足りず、途中給油は予定通り。

<外観上の特徴>
・フロントノーズのカーナンバーはサイドに使用されているのと同様の角張ったタイプ。
・コクピットカウル前端にNACAダクト装備。
・前戦ではNACAダクトを急造した為に干渉していたユニオンジャックの記入位置が後方に移動。
・ブラシスカート前端の板が黒に変更。尚、決勝レース中右側のものはダメージで失われた模様。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/8/7) 新規作成


【FILE 13. 1977 Rd.02 BRAZILIAN GP – Jan.21-22.1977】 v1.0
JPS16(78/2) Driver: Mario Andretti

参考資料:
・AutoSport 1977年3月15日号
・外部リンク >> 「A BOOKSHELF」
前戦アルゼンチンGPの初日に消火器の爆発によりモノコックにダメージを受けたJPS16は、その日の内にチーフデザイナーのトニー・サウスゲートが手荷物としてイギリスへ持ち帰り、修復を受けてこのブラジルGPに臨みました。しかしブラジルでも不運は続き、土曜日のセッションでアンドレッティは予選3位のタイムをマークしながらも、終盤にインフィールド区間を走行中に燃料漏れにより火災に見舞われます。アンドレッティは炎に包まれたマシンをスローダウンさせると、停止するのを待たずにマシンから飛び出して無事でしたが、マシンはその後オフィシャルによって消火剤まみれの真っ白な姿となり、ガレージへと戻されました。チーム・ロータスのスタッフは徹夜で消火剤の除去とマシンの修復を行い、ニルソンの2レース連続出走中止という事態は回避されました。

<外観上の特徴>。
・フロントノーズのカーナンバーはサイドに使用されているのと同様の角張ったタイプ。
・JPS15と同様、コクピットカウルにNACAダクト装備、ユニオンジャックの記入位置変更。
・JPS15と比較して、サイドポンツーンのJPSロゴが僅かに前方に移動している。
・JPSロゴが前方に移動した分、John Player Specialの文字に大きなスペースを割いている。
・ブラシスカートの部分はJPS15同様、ブラシスカート上端部分にアルミ製?のガイドレール追加。


<改訂履歴>
・v1.0(2011/8/7) 新規作成


ご意見、別考証・別見解など歓迎します。コメント欄をご利用ください。

– END –


かつてF1の歴史に伝説を刻んだチーム・ロータスのFマシンについて、その詳細、マシン考証、模型制作を通じて紹介します。