カテゴリー別アーカイブ: Ohters

ホビーフォーラム2015に出展します


来る2015年11月8日(日)、場所は横浜港大さん橋国際客船ターミナル内 大さん橋ホールで行われる「ホビーフォーラム2015」に出店する事となりました。2回目となる今年はエントラント名も「Ketteringham Factory」となり、スペースも拡充して臨む事になりました。出品予定作品は改めてご案内させて頂きますが、是非現在制作中のEBBROのLotus72Eも連ねられる様に製作を頑張らなければなりませんし、他にもKetteringham Factoryならではのニッチなコンテンツが揃う事になると思います。そして今回はF1以外の展示物も予定しております。

また勿論、目を見張るクオリティの作品が所狭しと並ぶ他モデラー方々の出展ブース、そして掘り出し物満載の物販ブース等、カーモデルを愛する方々に満喫頂ける濃度抜群のイベントですので、是非当日は横浜大さん橋へ足を運んでみては如何でしょうか。そして当ブースへお越しの際は、是非カーモデル談義、そしてちょっとシニアな1970~90年代F1談義に花を咲かせたいと思いますので、是非お気軽にお声をお掛け下さい。
お越しをお待ちしております!

– END –


SITE RENEWAL OPEN


2007年のオープン以来活動して来ましたKetteringham Factoryですが、今後の活動のベースとすべくサイトを移転し、「Ketteringham.net」のドメインと共に新たなスタートを切る事としました。

とは言えその内容は大きく変わる事無く、チーム・ロータスのF1マシンを中心とした模型制作、そしてマシン考証を中心にする予定ですが、このサイトでは更に雑誌記事やキットのレビュー等にも記事の幅を広げ、チーム・ロータスと旧き良きF1を愛する方々に楽しんで頂けるコンテンツにしたいと考えています。

引き続き宜しくお願い致します。

2015年4月20日

– END –


ホビーフォーラム2014に来て下さった方々、有難うございました。


先日の予告通り、去る11月9日(日)、横浜大桟橋で開催されましたホビーフォーラム2014に「Team Ketteringham Hall」として参加して来ました。
この手のイベントに参加するのは初めての事でやり方もよく判らず、しかも直前は展示作品の手直しや仕上げ等でかなりバタバタしてしまいましたが、それでも当日は沢山の方々がブースを訪問して下さり、かつ模型談義に花を咲かせたりと、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。特にF氏製作のティレルP34/1977(写真手前:タミヤ1/12&シェブロンモデルズ)と、拙作1/12ロータス107はかなり大きな反響を頂きました(やっぱり1/12はインパクトが大きい…)。この107はKetteringham Factoryを立ち上げる前に製作したもので等サイトでも紹介する機会が無かったのですが、いずれ機会を見て紹介させて頂きたいと思います。
そしてあまりの楽しさに?今から既に来年もまた「Team Ketteringham Hall」として参戦決定、そして何を展示しようか妄想は膨らむ一方です(早く72Eを完成させなければいけないのですが)。なので今から来年が楽しみです。
改めまして当日足を運んで下さった皆様に感謝致します。有難うございました。

– END –


ホビーフォーラム2014に出展します




色々と物事が立て込み、最近では自分の車(旧車:24歳)の修理に忙しくて模型製作もブログ更新もままならない日々ですが、この度来る11月9日(日)に横浜大桟橋で行われるホビーフォーラム2014に、「Team Ketteringham Hall」として出展する事になりました。普段何かと良くして頂いているFさんに多大なご助力を頂いての事ですが、とはいえ所詮は一端のアマチュアモデラーでしかないKettreringham Factory、謙遜などでは無く本当に拙作ばかりですが、とりあえずは精一杯のラインナップを揃えて当日を迎えたいと思っています。
あ、もちろん私の作品はロータスのF1マシンばかりです(笑)
が、幾つかの作品には、「お?」という発見があるかも知れません(謎…)
この他にもTeam Ketteringham Hallメンバーの作品も加わる予定です。何が出るかはお楽しみ?です。
※ホビーフォーラムHPの参加者一覧には「販売」としてエントリーされていますが、展示になりますのでご了承ください。


【展示予定作品】
・1/12 Lotus 107 / 1992年イギリスGP (スクラッチ:写真)
・1/20 Lotus 72C / 1970年アメリカGP (エブロ/STUDIO27)
・1/20 Lotus 78 / 1977年日本GPインペリアルカラー (タミヤ/STUDIO27)
・1/20 Lotus 91 / 1982年ブラジルGP (STUDIO27)
・1/20 Lotus 100T / 1988年オーストラリアGP (モデラーズ)
・1/64 京商ロータスフォーミュラミニカーコレクション
Lotus72E×2、Lotus78×2、Lotus79×2、Lotus91、Lotus97T×2、Lotus98T

… これらに現在製作中のLotus72Eを加えられればいいのですが、、、あとは何かしらロータス関係のメモラビリアを並べてブースらしくなれば良いな、と思っています。
当日会場にお越しの方は、よろしければ、「Team Ketteringham Hall」へ是非足を運んで頂けますと幸いです。

– END –


凄過ぎる!アレックス・ザナルディ2冠達成!




写真:2008年10月25日、岡山国際サーキットで行われたWTCCのパドックにてサインを求めるファンに応じるザナルディ。

一昨日のタイムトライアルでの金メダルの興奮醒めやらない2012年9月7日、同じくブランズハッチ・サーキットで行われたロンドン・パラリンピック自転車ロード男子個人H4レース(8km×8LAPS=64km)が先程終了、我らが(!)アレックス・ザナルディが2位のエムスト・ヴァン・ダイク選手(南アフリカ)を僅か1秒差で振り切り、2時間0分32秒のタイムで優勝、見事に個人2冠を達成しました!

ロンドン・パラリンピック公式サイトのライヴチャートから推測する模様では、レースは10人の出走でスタート、ザナルディを含む8名が終始集団を形成したままレースは進行、途中集団の最後尾でザナルディは様子を見ながら、7周目突入時点で集団の先頭に立ち、そして最終ラップの勝負を制した模様です(8人は約3秒差以内でフィニッシュしており、その激しさが窺えます)。

先日のタイムトライアルでの金メダルのニュースは世界中を駆け巡り、世界中のレース界関係者、そしてファンが称賛の言葉を贈ったわけですが、もうここまで来ると本当に言葉が有りません。唯々彼の凄さ・偉大さに驚嘆するのみです。もうここまで来たなら、是非明日の団体リレーも制して3冠を達成してほしい物です。
本当に凄過ぎる! 改めておめでとう、アレックス・ザナルディ!


写真:筆者の拙作、1/20ロータス107Bにサインをするザナルディ。本当にありがとう!

– END –