Ketteringham Factory のすべての投稿

ロータス107シリーズ製作


ロータス107シリーズ製作、引き続き107Cのカウル改造中。
コークボトル部分のフェアリングの接合部分とモノコック短縮によって発生したギャップをエポキシパテで埋めて、320のペーパーで大まかな整形中。お陰でワークスペースもエプロンも粉だらけだ。
ココからはサフを掛けながら更に番目を細かくしていく地道な作業…


EBBRO 1/20 Lotus33


ウチにも来ました、エブロのロータス33!
タミヤのロータス25からのコンバージョンだけど、コレは自分にとって重要な意味を持つ。何故なら本命はあくまでもMGモデルプラスの1/12、同じ事を1/12でやればこの25も33へコンバート出来るのではないか?と考えている自分にとってはまさに格好のサンプル。かくしてまたまた妄想に走る自分であった…

こちらがパッケージ

ベースキットにはタミヤのロータス25。所謂トランスキットとは違いベースとなるパーツは全て含まれている。

MGモデルプラスの1/12ロータス25。一つは33への改造用。

同じ事を1/12で出来ないか妄想中…


ロータス107シリーズ製作


ロータス107シリーズ製作、1994年シーズンの給油再開を受けて追加された107Cの給油口を作り直す。
以前はホビーベースカスタムのトランスキットに付いていたモノを使ってみたが、どうにも大き過ぎ…と思いつつ我慢していた。しかしSTUDIO27製フジミ のウィリアムズFW16用パーツを入手したので作り直した。モノコックに開けてしまった大きな穴をプラ板で小さくし、そこへ上手くパーツが嵌る様に受け側を加工… おお!シャープでカッコ良くなったぞ。因みに実車では外枠はグレー、給油口の蓋部分は半透明ウレタンみたいな感じだが、このまま無塗装でも模型映えして良いかも?

242317618_1749326521935083_7044976292557613560_n

242342546_1749326605268408_2115845724758751220_n

242150625_1749327155268353_1982961155428681022_n


GP Car Story:無限ホンダ


正直あまり期待してはいなかったのだけど、本屋に寄った際にちょっとだけ覗き見…
と思ったら、表紙開けて直ぐにロータス109&1994年シーズン終盤に投入されたMF351HDエンジンの超ド級アップ写真が見開き2ページでドドーンと出て来た所でもうレジ直行。この写真だけで1300円以上の価値有りましたよ、自分的には!
…で、SHUNKOの1/20キット。1台はプロポーショナルで作ったけど、ストックしているもう1台、ディティール化魔改造しちゃう?と既に妄想が止まらない…

242294141_1748609915340077_2410064286388377021_n

242183779_1748609985340070_1837740692369930803_n


ロータス107シリーズ製作


久し振りにシンドい思いをしたコロナワクチン副反応も、接種から35時間を過ぎた昨日未明辺りから熱が下がり始め、48時間後の昨日夕方にはほぼ解消した。
ロータス107シリーズ製作、今度はロータス107Bのカウル加工。1993年初期(ブラジルGP)では右ラジエーターダクトがフルに開口しているのでスプリッターを製作。透明プラ板なので分かりにくいが上部の配管を避ける切り欠きとか結構凝った形をしている。本当はもっとラジエーターに近い奥深い部分まで伸びているのだが、カウル着脱時にラジエーター本体に貼った金属箔にキズを付けてしまう恐れがあるのでちょっと浅めにしたおいた。一方1993年後期(ベルギーGP)では逆に左ダクトが開口しているが、サイドポンツーン内の熱を排出するのではなく、空気を取り入れる様な形状をしている。
カウル後端のオイルクーラー用NACAダクトは、初期は前年の107とほぼ同じ外見をしているが、ダクトの奥の部分は別体式からカウルと一体化されているので接着してしまいパテで整形する。一方後期型はダクト後部のインレットが大型化されてかなり高くなっているのでカサ増しする。細かい形状は後でパテを盛って削り出すので今は気にしない、気にしない 笑

241845682_1745043462363389_8776538163493656242_n

241833187_1745043202363415_1380716395908794630_n