Ketteringham Factory のすべての投稿

1/20 Lotus109製作 Vol.2


SHUNKO(俊光)1/20ロータス109製作記、その製作記第二回目は塗装編となります。

塗装前にボディパーツの加工を済ませておく。特に殆ど穴が開いていなかったインダクション部分だけはドリルで少し掘っておいた。

ボディ表面はプライベート系ガレージキットとしては仕上がりは良い方で、目立った気泡も見当たらない。勿論エッジ部分のシャープさとかは若干物足りないが、修正に時間を掛けるよりもここはサクサクと進めてしまう事に。一通り仕上げたらホワイトサフを掛けて塗装準備。

付属のデカールは一部黄色部分の塗り分けが塗装を前提に作られている。この為にマスキングが必要になるが手作業で曲線を描くのは大変。そこで一度デカールをスキャンしてAdobe Illustratorでトレース、これをマスキング用紙の上にレーザープリンターで出力。

これをカッターで切り抜いてマスキングシート完成。

白塗装を終えたボディにマスキングシートは貼る。実はデカールのパターンを全面的に信用してしまったのだが、後になってから塗り分けラインが実際と結構異なる場所に来てしまった。気付いた時にはもう遅かったので修正せずにそのまま押し通す事に。

こちらが黄色塗装を終えた状態。因みに塗料は白はタミヤスプレーのピュアホワイト、黄色はキット指定色になっているGSIイエローFS13538ブルーエンジェルスカラー。

塗分け境界に若干の滲みがあるが、黒のピンストライプが入るのであまり気にしない事にする。

更に下部に黒を入れた状態。塗料はタミヤスプレーのブラック。面倒臭がりの自分は極力エアブラシを使わずにスプレー缶で済ませる派(笑)

ノーズ側からのクローズアップ。今にして思えばこの段階で明らかにノーズが長過ぎる事に気付くべきだったが、予想外の?出来の良さに悦に入ってしまい気付く事無くスルーしてしまう事に。因みにこの黄色部分は109登場当初はもっと狭く帯も細い状態だったが、イタリアGP以後塗り分けラインが変更されて帯が太くなり、見た目の印象が変わっている。しかしそれを差し引いてもこの黄色帯も太過ぎたか。

ボディのエッジ部分に出てしまった黒の滲みは乾燥後にコンパウンドでこそげ落とす事に。

と、ここまでは極めて順調に進んだ製作でしたが、この後様々な苦労に直面する事になろうとは想像しませんでした。。。

– END –


1/20 Lotus109製作 Vol.1


相変わらず気まぐれな更新のこのサイトですが、相変わらずエブロ72Eは大量の未完成品が放置されている状況の中、新たにSHUNKO(俊光)1/20ロータス109を製作しましたので、その製作記第一回目となります。

今回製作した俊光のキットは2005年頃に初版がリリースされた、タミヤのロータス107Bのパーツを使用するトランスキット。2009年頃にホワイトメタルの翼端板等のパーツがエッチング化され、新たにイタリアGPのローダウンフォース仕様のリアウィングエレメントが付属、レジンの材質も変更され、そして新たに専用デカールと共に再版された。キット自体はとうに絶版となっており入手不可となっているが、デカールはその後リニューアルされており、2019年時点で市場に流通しているのはこのリニューアル版。今回製作するのは暗いグレーの成型色をした初版のレジンパーツ(再販物は明るいグレー)に再販物のエッチングパーツ、現行版のデカールを使用。

こちらがそのデカール、左が旧版、右が現行版(申し訳ないと思いつつ画像はそれぞれネットから拝借…)。配置が全面的に変更されているが、既に旧版は手放してしまった為にデザインや材質の違いはよく判らないが、少なくともフロントノーズの黄色は現行版には含まれていない。

実はもう何年前の事だかすら覚えていないのだが、一度手付だけはした模様で、リアタイヤ直前のフェアリングは既に今回製作する1994年オーストラリアGP仕様に合わせてカットしていた。ジャンクとなっているロータス107Bのギアボックスとリアウィングのパーツでフィッティングしてみる。

こちらがその1994年オーストラリアGPでアレッサンドロ・ザナルディ車で実際に使用されたリアウィング翼端板。同レースはF1優勝79回、ワールドチャンピオン獲得7回の名門であるチーム・ロータスにとって最後のレースとなった。前方にウィングレットを装着したこの翼端板はこのレースでのみ使われた。またカーナンバー12はこのレースのみザナルディが使用した。ザナルディのサインは2009年11月1日岡山国際サーキットにて開催されたWTCCのパドックにて貰った物。

今回唯一と言って良い改造箇所である、リアウィングのウィングレット付き翼端板を自作する為、目の前にある実物を使用して図面を引く。まあワンオフなので方眼紙に手書きでOK。

改造のベースにはジャンクとなっている翼端板を使用するが、ここではタミヤのロータス107から下部のサポート部分を切り取った物を使う。107Bでなく107なのは、107が活躍した1992年はレギュレーションでのリアウィング最大高が1000mmと1993年よりも50mm高く、その分前縁の垂直部分が長い(1/20だと2.5mm)のがその理由。

これを2.5mm切り詰めて図面に合わせて貼り合わせる。先程の107を使用した理由は、この上の部分を長く取りたかった為。

更にこれを図面に合わせて切り出したプラ板と合わせる。プラ板は御覧の通り2枚重ねて曲げ加工もしておく。あと写真には載っていないが、小さな翼端板も同様にプラ板を2枚貼り合わせて製作。

更にこれをまたプラ板を使って翼端板に張り合わせ、エポキシパテで形を整える。

エレメントを合わせながら仮組してみる。前方に伸びたウィングレット支持部分が少し内側に折れ曲がっているのがお判り頂けるか。この左右の間隔がが3枚目写真にあるカットしたフェアリングの幅に合うようにする。

サフを掛けつつ、エレメント固定部分にそれらしくピンバイスで穴開け。かなり実物の雰囲気に近いものになって満足した所で、今回はひとまずここまで。

– END –


SHAPEWAYS 3Dプリントパーツ


一年以上更新が滞った後のいきなりの連投です(笑)

既にご存知の方も居るかも知れませんが、先日ネット検索していて思いもかけず当たったSHAPEWAYSというサイトで、半ば衝動的に商品を購入しました。このSHAPEWAYSとは、3Dモデリングのショップがその作品を持ち寄って販売しているサイトで、注文を受け付けるとそのショップがデータを出力して配送する仕組み。今回購入したカーモデルのディテール/コンバージョンパーツだけでなく、幅広い商品を扱っている様ですので、興味を持った方は是非、自身の好きなジャンルで検索してみては如何がでしょう。

利用方法は英語という以外特に難しい事も無く、他のECサイトと同様にクレジットカードで購入出来、商品は発注後2週間程度で到着しました。

ではここで、今回購入したパーツを紹介します。

DFFCB3B8-E5D0-4C95-BB65-C305DDF806F5
まずこちらはエブロの1/20ロータス49Bをベースに1968年モナコGP等で使用されたダックテール仕様にするパーツ。これだけでほぼ足りると思われる。

E5007F6D-BB62-416A-9658-7BED4F4150DB
続いてタミヤの1/20ロータス102Bを102にするランボルギーニV12エンジン。但し102Bを102にするのは他にも沢山やる事は有るが、一番の難関と言って良いエンジンが有るだけでもフルディティールへのハードルはかなり下がるので、コレは有難い。

0C4D6F6D-55B5-45DD-9145-590A8C755E89
よく見るとカムカバーのクライスラーやランボルギーニのロゴもしっかりモールドされている。

9C198798-48DD-48FE-B36F-1959BDE9C194
続いてはタミヤのロータス107B用ヘッドレストと107C用のフロントサスカバー。107Bキットのヘッドレストは107と同じになっているので、ただエポキシパテを丸めて作ろうかなと思っていたのだが(笑)。107Cは1994年に導入されたアクティブ・サスペンション禁止のレギュレーション変更により、通常のコイルスプリングを収める為のバルジが追加されている。

17F7BAEC-9223-459F-80F4-236985229058
最後は、TAGポルシェやホンダV6ターボ、そしてフォードHBエンジンをディティールアップするデスビ。コードを通す為の穴がしっかり貫通していて、作業は楽そう。

個人的にいつか3Dモデリングは身に付けたい技ではありますがいかんせんハードルが高いので、自分の様なガレージキットにもならない超ニッチな「有りそうで無かった」を叶えてくれるサイトと言え、とても良い買い物が出来ました。

– Ends –


パーツ型取り中 その4


個人的に引越だ何だで気付いたららもう一年以上更新が止まっていました。
万一このサイトの更新を待っていらっしゃった方が居たら申し訳なかったのですが、自分はこの程度の緩さの人間なので、と言い訳をしつつ、とは言えこの間にも模型製作や何やら少しづつキャッチアップしていきたいと思います。

IMG_0194
もうこの写真も一年以上前の撮影なのですが、前々回の投稿で紹介したエブロのロータス72E改造用のパーツをレジン複製作業の結果、余っていたレジンを使い切るまでやったら段ボール一杯になるまで出来てしまいました(笑)


IMG_0195
しかしこれだけのパーツを作っても気泡や変形などのチェックをして使える物だけを取り出したらこの程度。左は72D改造用、中央は1973年後期改造用、右は1974年改造用、そして下はフロント・リアのディッシュタイプホイール用。果たしてこれらは使い物になるのか。


1/12 Lotus 72C Decals by Bestbalsakits


去る2月に掲載したMMK社製ロータス72Cトランスキットの紹介記事にて、Bestbalsakitsのデカールについて言及したところ、何とそのBeskbalsakitsから直々にデカールのレビューをして欲しいとのオファーを頂きました。

先ずはBestbalsakitsについて紹介しますと、ベルギーに拠点を置くモデルショップサイトで、新品・中古を問わず世界各国のスケールカーモデルを幅広く取り扱っており、特にコレクターズアイテムとも言えるキットやディティールアップパーツ、デカール等の品揃えが充実しており、Ketteringham Factoryでも過去にオリジナルデカールやパーツを購入した事があるお勧めのショップです。
ではその1/12ロータス72C用デカールをレビューしていきたいと思います。

image1こちらが商品全体で価格は26ユーロ(送料別)。インストラクションは付属しておらず、同社の商品ページからダウンロードする事になっているので注意。念の為こちらにリンクを掲載しておく。
尚、右端の「TREFFPUNKT JOCHEN RINDT SHOW ’69/’70」のデカールは以前は販売されていなかったが、現在は付属している。

FDB2C593-4EB8-497F-B390-2BB639749816比較の為に先日紹介したMMKの付属のデカールの全体写真もこちらに掲載しておく。尚レビューの時には見逃していたが、こちらのデカールは透明デカールの上にベタで印刷されているので、使用時には自分でカットする事になる。場合により一概に悪いとは言えないが、タイヤ他ゴールドのストライプ部分のカットには苦労しそうなので、ここではBeatbalsakitsの方に大きなアドバンテージがある。

image2こちらはゴールドを含まない部分。カーナンバーはヨッヘン・リントのドライブで72初優勝を飾った1970年オランダGPの10、エマーソン・フィッティパルディ初優勝の1970年アメリカGPの24(ノーズ部分に貼られたワトキンス・グレン独特の車検合格証も含まれている)、フィッティパルディが3位入賞した1971年イギリスGPの1、レイネ・ウィセールが5位入賞を果たした1971年カナダGPの3が入っている。尚キットでは赤のボディカラーの上に貼付するので白の隠蔽力が気になるところだが、MMKの物よりも若干強そうに見える。赤のトーンは両者ほぼ同じだ。

image3ゴールドのトーンもMMKとほぼ同じく見えるが、大きな違いは青の部分。MMKはやや明るく鮮やかな感じだがこちらは濃く渋めのトーンとなっている。

image2 (1)ファイアストンタイヤのデカールは透明部分もタイトになっていて良い感じだ。但し実際にタミヤの72Dをベースに使用する場合はタイヤ側面のロゴのモールドを削り取って使う事になるので、それはそれで大変な作業だ。

…こんな所でしょうか。先に触れた通りMMKの方は透明部分のカットというハードルがあるので、実際に製作する場合はBestbalsakitsのデカールを使う事になるのかも知れません。尚、同じ構成でエーダイ/ENTEXの1/8用デカールも販売しているので、これを72Cに改造しようという猛者の方(!)も是非利用してみては如何でしょうか。(笑)