Shunko10905_04

1/20 Lotus109製作 Vol.5


SHUNKO(俊光)1/20ロータス109製作記、最終回は完成写真と共にちょっとした説明を加えて、ギャラリーとして終わりたいと思います。

<マシン紹介>
シャシー:ロータス109 / シャシーナンバー3
エンジン:無限ホンダMF351HD / 3500cc NAV10
レース:1994年第16戦オーストラリアGP(1994年11月13日決勝)
ドライバー:No.12 アレッサンドロ・ザナルディ(イタリア)
リザルト:予選14位 / 決勝リタイヤ(40/81周 – スロットル)
栄光のチーム・ロータス最後のレースとなった1994年最終戦オーストラリアGP。この年ロータスはチーム崩壊直前の混乱と共にドライバーはめまぐるしく代わることになり、このレースでは前戦日本GPと同じくミカ・サロとザナルディというコンビで戦う事になったが、カーナンバーは日本GPとは入れ替わって11がサロ、本来のエースナンバーである12はザナルディが付けた。

真横からの109。1992年に登場した先代の107シリーズと同じく、当時若手気鋭のデザイナーだったクリス・マーフィーのデザイン。過去にはザクスピード871/881、ラルース-ローラLC89/90(日本人には鈴木亜久里がが1990年日本GPで3位表彰台を獲得したマシンとして有名)、レイトンハウス/マーチ911等のマシンをデザインした。そして翌1995年に向けて開発が進められていた112は結局製作される事は無く、ロータス消滅後マーフィーはエンジニアからコンサルタントへと転身した為、この109がマーフィーのデザイナーとして最後の作品となった。

左サイドポンツーン上面には、最後に触れるがドライバーのアレッサンドロ・ザナルディのサイン。

正面から見た109。作り直したフロントノーズの出来は良い感じ。

斜め前方から。ストリートコースのアデレード向けに大型化され、かつ目一杯立てられたフロントウィングは見た目は大迫力で格好良いが、無限ホンダMF351HDのパワー頼み、資金難から開発もままならなかったマシンのハンドリングの苦しさも垣間見える。

今度は反対側から。この頃のロータスはスポンサーロゴが沢山並んでいるのに、何故かカラーリングデザイン的にセンスよくまとめられていた。

今度は斜め後方から。オーストラリアGPでのみ使用された、ウィングレット付きのリアウィング翼端板が目立つ。

今度は反対側から。この年のロータスのカラースキームで目を引いたのはこのリアタイヤ前方に配置された大きなロータスのロゴ。

リアビュー。写真では暗くてよく見えないが、1994年シーズンにアイルトン・セナやローランド・ラッツエンバーガーの死亡事故を受けて規制されたディフューザー周りはキットそのままだが、良く再現されている。

フロント周りのクローズアップ。サスペンションカバーが閉まり切っていないように見えるが、これは少しカバーの前後長が足りなかったのをエポキシパテで継ぎ足して延長した事でこのような状態になってしまった。アンテナ2本は107Bキットのものをそのまま流用。

コクピット周りはバージボードと共にスポンサーロゴが密集している、このマシンで一番好きな所。

コクピットのインパネは107Bをそのまま流用。実際には若干違っているのだが目立たない場所なのでそのままとした。ステアリングは加工した甲斐あってボタン類が目立っている。

ここまで拡大した写真だと塗分けの滲みがやや目立って見えてしまうが、一時期の収拾不能と思われた状態からよくココまでリカバリー出来たと我ながら思う自己満足のカウル塗分けとピンストライプ。エンジンパワー規制のためにカウルに開けられた穴だが、これも無理やり後から削った為に、やや開口部の処理が荒くなってしまったが、肉眼ではあまり判らない、とまた自分に言い訳。

リアウィングは何度も説明の通りウィングレットとワイヤーが見所。

最後に、左サイドポンツーンのザナルディのサインが本物である証拠写真(笑) 2019年11月24日、富士スピードウェイで開催されたSUPER GT×DTM特別交流戦に来日した際にパドックへ持って行った。但しこの時には完成というわけではなく、ノーズは当初の長い物、コクピット等の一部がまだ未完成状態で、何とか間に合わせて持って行き、そしてその後一旦メインモノコックを残して解体の後、ノーズやウィングの作り直しを経て完成に至った。本人にこの日のために作って持って来たんだと説明したら、勿論大喜びだった。

今回自分にとっては久し振りの完成作品となった今回のロータス109製作。やはり暫く作っていなかったせいか要領も悪く、かなり苦労した末の完成となりました。やはりプラモはいつも作っていないと腕が鈍りますね。
さて次は目の前に積まれたエブロのロータス72の未完成分を仕上げなければなりません。

– END –


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>