「1/20 Lotus 107 by Tamiya」カテゴリーアーカイブ

ロータス107シリーズ製作


ロータス107シリーズ製作、引き続き107Cのカウル改造中。
コークボトル部分のフェアリングの接合部分とモノコック短縮によって発生したギャップをエポキシパテで埋めて、320のペーパーで大まかな整形中。お陰でワークスペースもエプロンも粉だらけだ。
ココからはサフを掛けながら更に番目を細かくしていく地道な作業…


ロータス107シリーズ製作


ロータス107シリーズ製作、1994年シーズンの給油再開を受けて追加された107Cの給油口を作り直す。
以前はホビーベースカスタムのトランスキットに付いていたモノを使ってみたが、どうにも大き過ぎ…と思いつつ我慢していた。しかしSTUDIO27製フジミ のウィリアムズFW16用パーツを入手したので作り直した。モノコックに開けてしまった大きな穴をプラ板で小さくし、そこへ上手くパーツが嵌る様に受け側を加工… おお!シャープでカッコ良くなったぞ。因みに実車では外枠はグレー、給油口の蓋部分は半透明ウレタンみたいな感じだが、このまま無塗装でも模型映えして良いかも?

242317618_1749326521935083_7044976292557613560_n

242342546_1749326605268408_2115845724758751220_n

242150625_1749327155268353_1982961155428681022_n


ロータス107シリーズ製作


昨日打ったコロナワクチン2回目、副反応キター涙
只今体温絶賛急上昇中、アヘアヘ状態です。
願わくば今日一杯で収まってくれると良いのだけど。
ロータス107Cのカウルを全面的に作り直した。
コークボトル部分に追加されたフィレット、開穴した左右ラジエーターダクトのスプリッターを工作。エンジンとの干渉で閉じなかったカウルもなんとか閉じる様になった。ギアボックス両脇にあるオイルクーラー用NACAダクトの位置もなんとか合わせた。オイルクーラーの位置はもっとリア側へ持っていくべきだったが修正はもう出来ないので何とか帳尻を合わせる。
次モノコックの短縮や位置合わせによって出来たギャップやコークボトル部分の隅をエポキシで埋めていく。

241731781_1743542625846806_3700400525182184828_n

241734959_1743542659180136_263375356717353282_n


ロータス107シリーズ製作


ロータス107シリーズ製作、今度は107Bのフロント周り。
スプリングの直径は107Cよりも細いので、なんとかスペースに収まってくれるかと思いきや、現実は甘くなかった… カウルの内側をギリギリまで削り込んでみたが、あとコンマ数ミリ、カウルが閉まりきらない汗
…あともう一歩、頑張れ!

229021708_1713132292221173_286498562533933744_n

229406357_1713132415554494_2964706039223145161_n