ロータス107シリーズ製作


久し振りにシンドい思いをしたコロナワクチン副反応も、接種から35時間を過ぎた昨日未明辺りから熱が下がり始め、48時間後の昨日夕方にはほぼ解消した。
ロータス107シリーズ製作、今度はロータス107Bのカウル加工。1993年初期(ブラジルGP)では右ラジエーターダクトがフルに開口しているのでスプリッターを製作。透明プラ板なので分かりにくいが上部の配管を避ける切り欠きとか結構凝った形をしている。本当はもっとラジエーターに近い奥深い部分まで伸びているのだが、カウル着脱時にラジエーター本体に貼った金属箔にキズを付けてしまう恐れがあるのでちょっと浅めにしたおいた。一方1993年後期(ベルギーGP)では逆に左ダクトが開口しているが、サイドポンツーン内の熱を排出するのではなく、空気を取り入れる様な形状をしている。
カウル後端のオイルクーラー用NACAダクトは、初期は前年の107とほぼ同じ外見をしているが、ダクトの奥の部分は別体式からカウルと一体化されているので接着してしまいパテで整形する。一方後期型はダクト後部のインレットが大型化されてかなり高くなっているのでカサ増しする。細かい形状は後でパテを盛って削り出すので今は気にしない、気にしない 笑

241845682_1745043462363389_8776538163493656242_n

241833187_1745043202363415_1380716395908794630_n